無料カウンター
ぐうたら模型劇場 ぐうたら
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.05.15(Sun)

チラ見せ速報版・2011静岡レポ

13日(金曜日)、2限の授業へ向かう電車の中
「あー、明日静岡ホビーショーだ ちょっと遊びに行こうかなー…」


のろかも、静岡行きを決意。

開幕まで24時間を切ってますけど。



そうと決まれば切符もパパッと購入、土曜日は早起きしておととしと同じ電車で静岡を目指しますよー!

DSC03408f.jpg


持ち込み作品もナシの完全一般参加でしたが、パパーッと写真も撮ってきましたので簡単にレポですよー!
まだ1日ありますから、この記事はあくまでチラ見せなのですよムフフ。

(例年のように作品の写真を掲載しておりますが、写真はNGという方おられましたら差し替えますのでお手数ですがご連絡くださいませ)

それではのろかも土曜日レポ、はじまりはじまり~なのですよ
スポンサーサイト
02:15  |  ぐうたら  |  TB(1)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
2011.02.21(Mon)

あばば

みなさんこんばんわー、のろかもです
例の戦争がつい先日ようやく終結しまして、超☆のびのび快適ライフを満喫しているところであります。

えーとご報告ですが、おかげさまでとりあえず進学できることになりました。
あんまり親孝行でない選択ですが、将来返せるようにこれから4年間しっかり勉強しようとおもいます(ノД`)


ぼくは既につかのまの休息モードですが、国公立大や早慶なんかの上位私大を受験される皆さんはラストスパートがんばってください!


さておき

一足早い春休みだ!やばい!!
録り貯めた秋冬アニメ観たい!!

1年間くらい封印してきたプラモつくりたい!!

バーン!!

DSC03192f.jpg

ウヒョー、買ってきましたよー独レベルのフェアリー・ガネット!
ぼくの記憶が正しければ2年前くらいに出たキットでしょうか?
ドイツレベルといえばちょっぴり高級な舶来品プラモ、このキットも1/72スケールなのですが3000円は下らないブルジョアキットであります。

トランペッターの1/72も持ってるし……とかなんとかで購入をためらっていたのですが、
このフェアリー・ガネットはマイ・フェイバリット・エアクラフト。
このタイミングで買わなきゃいつ買うのさー、ということで思い切って購入、超ニヤニヤしてます。


DSC03194f.jpg

このパーツの多さは間違いなく近代的キット!
正直ちょっと残念だったトランペッター版に対して、こちらは評価も上々ですから期待できますね!

ちなみにデカールは独レベル製品ですから、英海軍の他に西ドイツのものがセットされています。
西ドイツといえばアデナウアー・ブラント・コールの三人ですね!これテストに出ます!!(完全に世界史脳



というわけで、
明日からはコレを作ってプラモデル趣味にぼちぼーち復帰していこうかと思います。

いままでの目も当てられない感じのプラモ製作からは卒業したいですね……
今後は丁寧に作ることを心がけたいとおもいます。
あと蜜柑山もちょっとずつ消化していかないとねー!


これからちょびっとずーつ参加していきますので、今後ともどうぞよろしくおねがいします!




おまけ:夢のコラボレーション(あつあつほかほか

DSC03196f.jpg
実は独レベルからガネットが出たのは初めてではありません。
手前の箱はフロッグ金型(1956年製)のもの。
模型屋さんで「レベルのガネットください!!」ってコレが出てきたらそれは超オールドタイマーキットなので注意デスヨ!!(ないない……


 
23:30  |  ぐうたら  |  TB(0)  |  CM(13)  |  EDIT  |  Top↑
2010.02.14(Sun)

今日の英語の勉強。


ねんがんの 洋書を てにいれたぞ!

DSC08629f.jpg

FROM THE COCKPIT SERIES 7 GANNET
1950年代に活躍したようなしてないような英国の対潜哨戒機、フェアリー・ガネットの本です。
独特のスタイルの機体で、自分の一番好きな飛行機だったりします。


もともと日本では7000円を超える本で、半年ほど前にチェックしたときは購入を断念したのですが、
ふらっと西山洋書の池袋店に入ったら4800円になっておりました。
しかも西山洋書池袋店では全在庫のほとんどが30%OFFセール中。
つまり3300円ちょっと!こりゃ買うしかないですよね。

DSC08630f.jpg
中身はもちろんガネットだらけで頬ずりしたくなるような内容。
そして洋書なので本文はもちろん英語デスヨー。
高校の教科書や問題集なんかよりも遥かに難しい英文!(そりゃそうだ
単語が普段使わないものばかりなのは当然として、一文(ピリオドまで)が長いのが難しいですね。
高校英語なんて一文が長くても2行~3行ですが、この本では間にコンマがいくつも入ってピリオドまでは平気で5~6行ありますもん・・・。
コレをスラスラ読めたら慶応とか入れちゃうんじゃないかな!そのへんの赤本読んだこと無いけど。
ということでコレは良い英語教材になりそうです。(普通の問題集やれよ


問題はキットをダイナベクターのバキュームキットフロッグのOEMキット(金型は1956年製☆)しか持っていないこと。
これはレベル製のキットを買うしかない!・・・のですがお金が無いぞ!!

とりあえずこの本を読んで(読めるのか?)、ガネットにドキドキしておきます。
ううむ・・・やはりこの飛行機ほど素敵な飛行機もそうないぞ・・・。


ちなみに西山洋書池袋店にはこのシリーズのファイアブランドやファイアフライなども置いてありましたよー
30%引きセールは3月末までのようなので、興味のある方はぜひどーぞ。
23:30  |  ぐうたら  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01.24(Sun)

更新情報の続き。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~zyanome/nekomimi.html


nekomimi更新情報(αバージョン)・・・。


すいませんコレかなり使えないです。
これならまだ普通のRSSリーダーのほうが数段便利です。

はてなRSSの巡回がダメなのか、はたまた自分の設定がダメなのか・・・とにかくまだ使える段階では無さそうです。
あと真昼間からはてなRSSがテンポります。


とりあえずちゃんと記事にジャンプできるようになりました。
ブログ名が表示されないという致命的な欠点もあるのですが・・・。

ページ下部にある「Googleリーダーによる更新情報」をポンと貼り付けるだけでも良かったのですが、
この子は10件までしか表示できないのでこのような形になりました。
Googleリーダーのクリップ貼り付けが20件まで表示できれば全部解決なんだけどなー

今後も良いサービスが見つかればちょっとずつ改良していくかもしれませんが、
無料サービスの組み合わせで出来ているので、あんまり高度なことは期待しないでください・・・。

やっぱり本家の「有機溶剤Syndicate」のように、ブログ名と記事ジャンプを両立させるにはPHPの動くサーバーを借りなくてはいけないようですねー

非常に使いにくいのですが、無いよりはマシかもしれないのでどうぞ使ってやってください。

やっぱりブログ名が出ないというのは不便ですなぁ。
記事タイトルで「俺だよ俺!!」みたいに主張していただくと分かりやすくて良いと思います(笑)。

明日はネコミミのタイトル画像を作ろうそうしよう。

03:46  |  ぐうたら  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01.23(Sat)

近況とか。

※びみょーに投稿テストも兼ねてます。

【「昭和モダン体」ゲットしました!!】
DSC08351f.jpg
このへんでうだうだ見つからないーと叫んでいた「昭和モダン体」をとうとうゲットしました。
フォントを収録したCD-ROM入りのレタリング本。
出版していた会社が倒産してしまい、品薄になっていたものです。
このシリーズの店頭在庫はいろんなところで見かけるのですが、この「昭和モダン体」だけは漫画・アニメ「さよなら絶望先生」で大きくフィーチャーされた為か店頭在庫はまず見かけず、オクでも高値がついていました。

これは池袋の大きな書店で普通に並べられていたものをゲット。
定期的に巡回している本屋なので、前から並べてあったということは無いはず。
どこからか引っ張ってきたか、今までどこか違うジャンルの本棚に紛れていたのでしょう。
新品を定価で手に入れられたので嬉しさもひとしおです(笑)。

公式サイトが消滅しているので、とりあえず自作の書体見本。
shouwa.jpg

身近に見かける例としては、
ほか弁で大盛を頼むとご飯の容器に貼られるシールに書かれている「大盛」がこの書体です(笑)。


ちなみにこの書体、もともと写研にいた書体デザイナーの稲田しげる氏による作品。
写研では「イナミン」や「イナブラッシュ」を製作されたそうで、特に「イナミン」は昭和モダン体によく似ています。

このシリーズには写研の「ナール」や「ゴナ」を手がけた中村征宏氏による書体もあったりして、
かなーり「一度使ってみたい・・・」といった感じの書体が揃っています(笑)。
次は「ハイパースクエアU」を探しに行こうかなぁ・・・。




【続報・有機溶剤Syndicateの代用品】

http://www7b.biglobe.ne.jp/~zyanome/nekomimi.html


ここまでは作れたのですが・・・。
無料サービスの組み合わせで試行錯誤していますが、やっぱりド素人のやることじゃないのかもです(笑)。

タイトルとブログ名の見出しは出るのですが、
リンク先のURLがブログトップのURLとくっついていて上手く表示されませんよねー・・・。

もうちょっと頑張ってみますが、使えるものにするのはかなり難しいかもです。
誰か詳しい方、助けてください(笑)。
03:21  |  ぐうたら  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01.19(Tue)

「有機溶剤Syndicate」サービス終了・・・なので代用品?

かとさんの模型ブログ更新情報サービス「有機溶剤Syndicate」がサービス終了ということで、
これから模型ブログの巡回どうしよう!
とお困りの方のために(主に自分)、びみょーなお助けアイテムをご用意しました。

RSSリーダー用のOPMLファイルです。
有機溶剤Syndicateに登録されているブログを登録しておきましたので、お使いのRSSリーダーに読み込ませるだけですぐに使うことができます。

不慣れな方でも5分程度で使えるようになります!
以下手順ですー
(ただOPMLをインポートするだけですので、ベテランの方は読み飛ばしていただいて結構です(笑)。)



【ブツのダウンロード】(右クリックから保存してください)

(1)↑のファイルを右クリック、「名前をつけてリンク先を保存」などでデスクトップ等、お好きな場所に保存します。
(2)お使いのRSSリーダーの設定画面等で先ほどのOPMLファイルをインポートします。
(3)できあがり!


この3ステップで完了です!
基本的にはどのRSSリーダーでも大丈夫だと思うのですが、(2)のステップをGoogleリーダーを例にしてご説明します。



GoogleのGmailアカウントをお持ちで無い方は登録していただき、Googleリーダーのメイン画面を表示させます。3.jpg
画面右上の「設定」をクリック、タブが降りますので「リーダー設定」をクリックします。

4.jpg
濃いオレンジ色の部分のメニューから「インポート/エクスポート」をクリックして表示させます。

ここの「OPMLファイルを選択」というボックスの中に、先ほどダウンロードしていただいた.xmlファイルをぶち込み、「アップロード」ボタンをクリックしてください。

しばらくすると「読み込みが終わったよ!」的な文章が表示されると思いますので、
メイン画面に戻ると、左側の「登録フィード」の欄に見慣れたブログ名が表示されていると思います。


このリスト内のブログに更新があると、しばらくして「未読アイテム」として表示されるはずです。

1.jpg
このとき、未読アイテムがものすごい数になってしまう場合がありますが(最初のみです)、
その場合は「すべてのアイテム」を表示して「すべて既読にする」をクリックしちゃってください。


また、ブラウザのホームページを「iGoogle」(カスタマイズできるGoogle)にしてGoogleリーダーを表示させてやると、
ブラウザを立ち上げる/ホームボタンを押すたびに更新情報をチェックできたりするかもしれません。



普段RSSリーダーを使用しない方は非常に不便に感じると思いますが、しばらくすれば慣れると思います(笑)。
本家の有機溶剤Syndicateほど手軽で便利ではないですが、とりあえずの代用品としてお使いください。

基本的に1月19日の時点で有機溶剤Syndicateに登録されているブログをリスト化しています。
そのほかいくつかのブログは個人的に巡回先として追加しました。
登録ミスなど発見された方はお手数ですがご連絡ください・・・。

あと、本家の有機溶剤Syndicateに比べて更新情報の表示がとっても遅いですが、RSSの仕様だと思います。

・・・作ってはみたものの、ちゃんと使えるか自信がありません。絶賛人柱募集中です!


最後になりましたが、今まで素晴らしいサービスを提供してくださったかとさん、ありがとうございました!

・・・黒電話おめでとうございます(笑)。

↑かとさんの新曲デスヨ!
23:24  |  ぐうたら  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01.10(Sun)

ポータブルヘッドホンアンプ(AE-HPPML)を作ろう

北陸帰りで油断しているのか、「東京のほうが寒くね?」とか思ってしまうのろかもですこんばんわ。
北陸一人旅レポの後編はひとまずおいといて、今日の成果物についてレポなのですよ。

今日の製作はプラモデルではなく、ヘッドホンアンプ。
オーディオや楽器の演奏などにおいて、スピーカーを鳴らすにはアンプが必要になりますが、
普段ipodなどの携帯音楽プレイヤーに直で挿して使っているヘッドホンにも専用のアンプをつけよう!
というのがヘッドホンアンプです。

細かく言えば携帯音楽プレイヤーの中にも超小型のアンプが入っているそうなのですが、
バッテリーやサイズなどの制約もあって、決して良い性能とは言えず大きなヘッドホンを鳴らすには力不足の場合もあるとか。

今の環境に特に不満を感じていたわけではありませんが、ヘッドホンアンプつけると音が良くなるかも!
 ということで製作することにしました。

完成品も売られていますが、それなりに値が張るということと「自作ってかっこよくね?」という厨二的発想から、今回はキットを製作することにしました。
DSC08279f.jpg
キットとかプラモっぽいよね!

【おことわり】
・自分は今回人生で初めて半田ごてを触った超☆ド素人!
・しかもオーディオオタクではありません! 音質とか言われても答えられないの・・・。
・説明書通りの作り方ではありません! 参考にされる方は自己責任で。


ということで
製作はこちらから。



 
22:17  |  ぐうたら  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。